パワーストーンとは?パワー(エネルギー)が宿る石です

パワーストーンは石のことをいいます。
石といっても普段道端に転がっているものではありません。
普段私達が身につけていたり、鑑賞用として持ちあわせている石を見ればわかるように、
綺麗で持っていて嬉しくなる宝石(貴石、半貴石)のような石たちのこと。

また、同時に効果や効能などのエネルギーを持った石たちが存在します。
これらをひっくるめてパワーストーンと呼びます。

エネルギー

石と宝石の違いとは?

冒頭でもお伝えしましたが、道端に転がっている石を宝石と呼ぶ人は殆どいないと思います。
宝石といえるような石にはある一定の基準が定められています。
それが下記の3つです。

  • 見て美しいこと
  • 簡単に崩れない硬さ
  • 希少価値がある

貴石と半貴石の違いとは?

宝石には一般的に「貴石」と「半貴石」の二種類が存在します。

貴石とは

石と宝石の違いでご説明した3つの基準がクリアしているものです。

  • 美しい
  • 硬度が高い
  • 希少性が高い

例えば、
ダイアモンド、サファイア、ルビーなど

半貴石とは

貴石の3つの基準がひとつでも欠けているものです。
「美しくて硬度もあるけど希少性が低く手に入りやすい」というような場合は半貴石となります。

例えば、
アクアマリン、シトリン、トパーズなど

パワーが宿る石

パワーストーンはパワー(エネルギー)が宿る石です。
このパワーストーン効果のサポートで、子宝に恵まれたり、病気に回復傾向が見受けられたり、金運でいえば宝くじが当たったなどというケースもあるようです。

赤ちゃん
ですが、ただパワーストーンを身に付けたからといって効果が得られるものではありません。

まず初めに。パワーストーンの効果を信じる気持ちが大切です」でお話しているように、接し方や自ら行動移すことなども大切ですし、
あなた自身に合ったパワーストーンを見つけることで、潜在的な部分に働きかけてよりサポートしてくれます。